スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
捨て猫のゆくえ
私は,おとついの夜,ちっちゃな産まれたばかりの子猫の赤ちゃんを拾いました。

実家の植え込み中で,三日間いたそうな。

私が実家に立ち寄った時は雨が降り出してて,子猫はずぶぬれになりながら
みゃーみゃーと鳴き続けてておりました。

どうです?ここで手を差し伸べないなんてナシでしょう?!
ネコ4


だけども,うちには私より古株のロシアンブルーがいるし,こんなにちっちゃい赤ちゃん
立派に育て上げるなんて,心構えがなってませんし,心の準備も整っていません。

帰宅して唖然として呆れ顔の主人と,里親を探そうということにあいなりました。

翌日,紙袋にタオルと子猫を入れ,病院で子猫の検査を受けた後,
仕事での外出にはどこでも紙袋を持ち歩きました。

さて,里親探し。
数少ないフェイスブックのお友達からも,メールした友達も,
直接会って袋の中身を見て「かわいっーー!!」と絶叫したギャル達も
誰も「飼うわ!」とは言ってくれず…。
そうこうしてるうちに,哺乳瓶でミルクをやったり懐に潜り込んでくる子猫と私が
接してる時間が刻一刻と積まれてゆきます…。

「早く手放さなければ離れられなくなるっ!」
ネコ
「やばいっ!」



午後から友人の開店祝に向かう為,お花屋さんに立ち寄りました。
ヴェールデグリさん。
木曜定休にもかかわらず偶然お店に来ていた店主さんと出会い,お店を開けてもらって物色。
とってもステキなプリザードフラワーに決めて,お会計。

コチラの店主さん,面識はないんだけど,若いしパワフルそうだし,お客さんとかお友達に
ネコ好きいるかもだし,ちょっと勇気を出して尋ねてみようかな,と準備万端の紙袋を目の前に
置き,お声を掛けさせていただきました。

「ネコ好きな方,いらっしゃいませんか?」

すると,胸にネコのバッジを付けた店主ご本人がネコ党を告白して下さり,
袋の中身に歓喜の声を上げて,子猫を抱っこして下さったのでした。
ネコ2


実は,もろ手を挙げて飼える状態ではないそうなので,お教室の生徒さんや
お知り合いに尋ねてみて,誰も手が挙がらなかったら飼って下さるということで
見事お持ち帰りを決心していただくことができたのです!(パチパチパチ)
お助けいただいて本当にありがたかったです。(by子ネコと我が家)


帰宅して,子ネコがもらわれていった事を知った娘は,こっそり人知れず
泣いておりました。
娘には,こんな感情が生まれてたんだね。


スポンサーサイト

テーマ:最近の出来事。。 - ジャンル:ライフ

【2013/08/02 15:46】 | 日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。